著者:丸子 睦美
ページ数:164

¥900¥0

目次: はじめに プロローグ はじめてのカヤック 2度目の奥多摩白丸湖 五島列島はスベった 屋久島で昼カヤック 闇夜の恐怖のカヤック カヤック本 無謀な川下りをしたおっさんたち 国内で4回でグリーンランドカヤックした人 外苑東通りを豚が行く 夕陽のカヤックをノヤギが見ていた小笠原 おわりに —————— 気がついたことがある。カヤック、カヌー本って、お兄さんやプロ青年を相手にしている。筋骨たくましいスポーツ万能青年たちが読者なのだろう。 女性で ちょっとカヤックやってみようかしら、 カヤックってオシャレよね、 かっこいいけど、どーしよー、 私でもできるのかしら、 周りにそーゆーのやってる人いないし、 やだー、こわーいけど、興味津々、 ぜんぜんスポーツやったことないわ、 デブなんですけどー、 泳げないんですけどー、 運動神経鈍いんですけどー、 水着姿に自信ないわー、 ムダ毛処理ってやるのかしら、 マリンスポーツのお支度持ってないのよ、 カヤックやるには遠い所へ行くのね、 お安くできるのかしら、 1回お試しってできるのかなー、 メイクどうする、すっぴんかしら、 グラサン必要かしら、 携帯でお写真撮れるかしら、 パンスト履くわよねー、 ビーサンか健康サンダルか、 など、シロウトらしい素朴な疑問を持っている人は多いけれど、「プロ青年」向きのカヤック本にはそれらの答えが書かれていない。  女の人は、カヤックをする前にいろいろなことが知りたいのよね。 うーん、ちょうどいい本がない。 あ、それなら私が書いてしまえばいいんだわ。 というわけで、出来上がったのが『何歳でもできる楽しいカヤック』(自分がさざなみになる時/男は読むな)というわけ。  カヤックの大家の先生たちからは、大いにバカにされそうな内容かもしれないけれど、そもそも、それらの大先生たちが、この本を読むわけない。  ご丁寧に「男は読むな」と書いてあるから、男たちは手にするはずもない。 なので、私たちは安心して、心ゆくまでレディース・カヤックを楽しむ今日この頃。

シリーズ一覧

  • 同シリーズの電子書籍はありませんでした。

 

  Kindle Unlimitedは、現在30日間無料体験キャンペーンを行っています!

この期間中は料金が980円→0円となるため、この記事で紹介している電子書籍は、すべてこのKindle Unlimited無料体験で読むことが可能です。

Kindle Unlimited 無料体験に登録する